ベンツEクラスのワゴンタイプを値引きする方法や燃費などの性能について掲載しております。

ベンツEクラスワゴン 購入前の良くある質問と回答
新車を40万円安くするノウハウ
ベンツEクラス ワゴン
ベンツEクラス ワゴンレビュー

総合的にバランスのとれた車

どの分野においても最上級の出来あがりでコストパフォーマンスの良い車である。
伝統のEクラスの高級さそのままにワゴンの実用性も十分。

価格 人気グレード 値引き額の目安
630万円〜1530万円 E 300 BlueEFFICIENCY
STATIONWAGON VANTGARDE
4万円
エコカー減税 燃費
50%  161.800円 カタログ燃費:13.0km  実燃費:10.35km

 

質問ベンツEクラス ワゴンの値引きはどのくらいでしょう?

値引きはほどんど期待できません。少しでも安く購入したい場合はこちらのサービスを利用して、支払額を減らしましょう。

質問価格帯はどれくらいですか?

630万円〜1530万円になります。

質問エアロパーツはありますか?

メルセデスベンツ専門でパーツを販売している会社は多いですが、一番のオススメは純正のAMGスポーツパッケージオプションです。フロントシートにスポーツシートやステンレスアクセル・ブレーキペダル、AMGスポーツステアリングといった装備が付きます。Eクラスの良さである実用性そのままに、上質感を増すことができます。

質問エコカー減税の適用はありますか?

AMG以外の全グレードに50%〜100%の減税が適用されていて、優遇額は244,200〜450,700円です。

質問環境性能や燃費性能について教えてください

走行性能や実用性に加えてエンジンを改良し、アイドリングストップ機能や常に最適な燃焼でエンジンをまわすことで高トルクを確保しながら低燃費を実現させています。従来より50%近く燃費性能を向上させています。

質問エクステリアの特徴は?

スポーツ傾向に走ったCクラスとは異なり、非常に落ち着いた印象で上質感があります。 控え目なフロントマスクからゆっくりと天井に上っていくフォルムで、余計なアピールをしない大人な雰囲気を醸し出しています。

質問車内の特徴は?

レザーシートで高級感のあるシートにメモリー付きのパワーシートを採用しています。フロントパネルにはウッドパネルも用いて上質感があります。 メルセデスのCOMANDシステムを採用し、オーディオからナビの操作までを1つの台あると2つのボタンで直観的に操作が可能です。

質問乗り心地はどうですか?

上級モデルですが、決してスポーツモデルではないので足周りが硬くなく、ゆったりとした快適さがあります。 実用性を求めた結果の設定で、毎日乗ることができる車になっています。

質問走行性能はどうですか?

グレードによって4.7Lターボエンジンと1.8Lターボエンジンを選ぶことができます。どちらもパワフルかつ高い環境性能、静粛性が向上されています。 ギアは7ATできめ細かなシフト操作が可能になっています。

質問荷室の使い勝手はどうですか?

ワゴンなので広いのは当然ですが、Eクラスワゴンは可能な限り四角く出来ており、デッドスペースを生まない形状にすることで積載量を増やしています。 ゴルフバックなら4つは入ると言われており、実用性十分です。

質問競合車種はなんですか?

BMW5シリーズツーリングが一番のライバルでしょう。しかし同じドイツ車で雰囲気もなんとなく似ていると感じます。サイズ・値段に大きな違いもないので好みの問題であると思います。 大きな違いと言えば車内に差が出ていて、ラゲッジルームの使い勝手とCOMANDシステム(BMWでは"iDrive")の性能はEクラスに軍配が上がると個人的には思っています。

質問納期はどれぐらいですか?

3ヶ月程度です。

※質問は随時追加します

◎支払い総額を少なくしてベンツEクラス ワゴンを安く手にいれる◎

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでベンツEクラス ワゴンのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

買い取り業者一覧

↑車検証が手元にあると便利です

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくベンツEクラス ワゴンに乗り換えられますしね。

 

メルセデスベンツのブランド価値の中心となっているクラス、 Eクラスのステーションワゴンが2012年に改良が実施された。 600万円を切る価格からグレード設定がされているが、外観も内装も機能面でもすべてにおいてメルセデスベンツの名に恥じない、むしろブランド力を押し上げた車になっている。

内装では3つのボタンで多機能のナビを操作する「COMANDシステム」や、本皮シート、スポーツステアリングなどの装備がついている。 外観では大きなボディサイズによる迫力、大きいフロントグリルとその上に乗るベンツロゴがエレガントさを演出している。

ひとつ下のクラスであるCクラスと比べるておとなしい外観のEクラスであるが、 それに満足できなかったら「AMGスポーツパッケージ」で外観はもちろん、パフォーマンスもスポーティに仕上げることができる。